MRI検査

2020年8月27日。

受診したAクリニックにはMRI検査の設備はないので、提携している外部の検査機関でMRI検査を受けることに。

MRIは腰痛の検査で2回だったかな?最後に受けたのは10年ほど前かな。
まあ慣れております。
検査装置は磁力がすごいので金属製のあらゆるものを外して検査室に入ります。

腰痛の検査のときは仰向けだったのですが、今回は乳房が対象なのでうつ伏せで、胸の部分は穴が開いていて、そこに嵌める仕組み。
あと、今回はがん検査なので造影剤を入れるのですが、最初はなしで途中から入れるのだとか。

で、MRIといえばなんといっても音が大きくてうるさいのです。
ガンガン、ビービーという音を延々と聞かされるのですが、今回はヘッドホンを着用させてくれました。ヘッドホンからはクラシック音楽が流れるのですが、正直いらない。。。ノイズキャンセリングだけでいいかなあ。無音でお願いします。それにしてもヘッドホンには金属入っているはずだけど、大丈夫なやつなんでしょうね。どういう造りなのか知りたいと思って調べてみたらちゃんとMRI対応のヘッドホンシステムというのが販売されてました。

30分ほどですかね。ちょっと寒くてうるさくて疲れました。

あとは結果を待つだけ。

画像は2003年に行ったアンコールワット。

コメント

タイトルとURLをコピーしました