お金が戻ってきた!

先日9月に支払った医療費について健康組合からお金が返ってきました。

9月に支払った医療費は約10万円ちょいだったのですが、返ってきたのは約8万円。
医療費から返って来たお金を引くと約2万5千円。

……多くない?

以前、お金について整理した記事を振り返っても多い。

9月以外も合算されているのかと思いましたが、通知書には9月分と明記されています。

その理由は首を捻りながら自分が加入している健康保険組合のホームページを確認してわかりました。

どうやらうちの健保は独自の制度として、支払額(病院・受診科・入院・通院ごと)が25,000円/月を超えた場合、超えた額(高額療養費を除く)を支給してくれるらしい。

何それ、ものすごい手厚い!

他の企業の健保組合のホームページを見ても同様の制度を設けているところがあるみたい。
私が働いているのは従業員50名未満の小さな会社なのですが、大きな企業グループのひとつなので健保組合は大きくこういった手厚い制度があるようです。

病気になって初めてこういう制度があることを知りましたが、本当にありがたいです。
医療保険入っておけばよかったなー、と若干後悔していましたが、このくらいの費用負担であれば入っていなくても問題なかったです。

図らずも明日に別の手術を受けることになり、再び多額の費用が発生しますがこれも2万5千円で済むのだと思うと健康保険のありがたさを痛感します。

最近のニュースでは赤字で解散する健康保険組合が相次いでいるそうですが、なんとか不必要な医療費などを圧縮して継続していってほしいと願うばかりです。。。

コメント

  1. 旦那 より:

    以前に比べると高額医療費の負担割合増えていますが、ありがたいですよね。
    手術されるとのことですが、早く回復されること祈ってます。

    • nipopo7788 nipopo7788 より:

      旦那さんいつも温かいコメントありがとうございます。無事手術も終わり土曜日には退院です!

タイトルとURLをコピーしました